ホーム トップエースについて 商品紹介 お問い合わせ
ホームTOPACEについて>会社沿革 トップエース株式会社会社概要

会社沿革

1918年 1月 足袋製造卸売業を埼玉県行田市において開始。
1942年 4月 戦時統制令により八光足袋製造有限会社を設立し戦時下の統制業務に協力する。
1950年 3月 統制令解除により統合体の八光足袋製造有限会社を解散し八光足袋本舗として開業。
1950年 7月 東京都中央区日本橋横山町に東京店を開設し卸売業を開始。
1952年 5月 『有限会社 八光 』と組織を変更。
1965年 9月 クラレ株式会社の支援を得て学童用運動衣料の製造卸販売を開始。
1968年 6月 業務拡大に伴い、『株式会社 八光 』に組織変更。
1971年 5月 ユニチカスクール水着の関東総代理店となる。
1972年 8月 東レ株式会社の支援により東レEVANS商標による紳士スラックスの独占製造販売権を取得。
1975年 10月 熊谷市問屋町 流通センターに熊谷店を開設。
1980年 1月 ユニチカ スクール水着の東日本総販売元となる。
1981年 4月 クラレ スクール水着の東日本総販売元となる。
1982年 1月 ユニチカ スクールセーターの東日本総販売元となる。
1983年 1月 役員組織を変更し、江森照雄が代表取締役社長に就任。
  学校市場及びその周辺商品に的を絞りトップエースブランドの生産を開始。
1984年 4月 クラレ スクールセーターの東日本総販売元となる。
1991年 1月 ユニチカ商品開発部の協力を得て、学生用としてユニチカ・ラリーコートを開発し総販売元となる。
1992年 10月 通学用バッグの多様化・個別化の進行の中で進化型3wayバッグの開発を進め、
  全国ネットで販売を開始。
1998年 10月 弊社商品名とのイメージの一体化を計るため『 トップエース 株式会社 』に社名を変更。
1998年 12月 伊藤忠商事株式会社とタイアップし、グローバルな商品開発力と安定供給の充実化を
  計ると共に全国販路の新構築を進める。
2003年 10月 シューズ事業を引き受け、販売を開始する。
2009年 5月 役員組織を変更し、江森照雄が代表取締役会長に就任し、江森直人が代表取締役社長に就任。